地方薬剤師の状況

地方薬剤師における状況、というより、各地域により、薬剤師による状況が異なるという事が、まず言えます。病院薬剤師についても地方には求人情報の特徴があります。 つまり、大都市における薬剤師状況としては、薬剤師が余っているという面もあり、薬剤師のリストラ問題も上がっている事から、大都市における薬剤師の事情は、厳しいものとなります。

また2012年という年には、新薬剤師も誕生してくる事から、その状況も更にヒートアップするという事が懸念されます。 ところが、地方で働く薬剤師事情は、いかがなものか?といえば、慢性的に足りていない状況といえます。 要するに、薬剤師が存在する職場という事でなく、存在する地域により薬剤の置かれる状況は違う、という事がいえるのです。

更に、収入面で考えた場合も、大都市における経営状況をみると、運営自体のコストが高め傾向と言えるために、薬剤師の人件費を抑える傾向にありますから、ただでさえ、就職難の大都市における薬剤師事情は、益々、厳しい状態である事は明白です。 しかしながら、地方に存在する、働いている薬剤師はどうか?といえば、薬剤師が比較的、足りない状況と言えますし、経営コスト自体も低いからこそ、人件費も削らなくて済むという状況になっています。

こうした事からわかるように、大都市における薬剤師状況は、非常に厳しい状況とは言えるものの、地方における薬剤師状況は、非常に有利な状況に至っている、という事なのです。 つまり、今後、新たな薬剤師が続々誕生する事となり、尚更、薬剤師事情は厳しいものとなりますから、薬剤師資格を得た、新薬剤師の方も含め、転職を検討される薬剤師もこのような地方における薬剤師状況に目を向け、有利な就職を検討される事もひとつの方法であるということなのです。

生活費自体も、都会に住む事となると、やはりその費用は、高め傾向ですが、地方に済むとなると、生活費も低く抑えられる。 色々な面を判断した場合、今後、薬剤師の状況は厳しくなると言われていますから、こうした、状況を踏まえ、色々と判断されるべきではないかと思います。

地方における薬剤師状況には、この他にも医薬分業の問題もあげられ、医薬分業等も地方では、どんどん積極的に勧められていますから、院外薬局が増える事はもちろん、それに伴い薬剤師の不足問題は、益々、深刻化しています。 更に、昨今、高齢化社会と言われる中、政府自体が医療費の抑制に伴い、療養型の病床を削減し地域による医療の推進を促していますから、こうした事を背景に地方における薬剤師不足を何とする必要性もあるのです。

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2017 産後ダイエット総合情報. All Rights Reserved.